<プログラムスケジュール>

Day1
イントロダクション&オリエンテーション
・ソニア先生の娘のRobertaの話から始める、特別な子どもたちとの取り組みの背景
・ヨガセラピーの説明;健康を回復するためのヨガについて
・身体的問題や感情的トラウマからの回復
・特別な子どもたちのためのリストラティブなライフスタイルとしてのヨガ
・ヨガがどのように身体的なコーディネーションを刺激し、精神的な明瞭さと社会性の発達に役立つか
・ソニア先生がこれまでに関わった子どもたちのケースを通して、ヨガセラピーの効果を学ぶ

Day2
ソニア先生のティーチングメソッド
・子どもへのガイダンスとインスピレーションとなる親の役割
・親との関わり方、初めの面接や電話でのカウンセリング
・親と定期的に話し合う予定をたてる
・どのような態度で接するか
・親とヨガセラピストが、子どもの成長を促すようなポジティブな関係をどのように築くか
・最適な家庭と家族の環境を作ること
・子どもとのつながりと統合を達成するための赤ちゃんや子どもとの関わり
・タッチ、顔の表情、手のサインや声の使い方

発達の4段階

①The Preparatory Stage(準備期) —早期介入(誕生〜6か月)
②The Inductive Stage(導入期) —反応の学習. (6ヶ月〜1歳)
③The Interactive Stage(相互作用・交流期) —アーサナを教え始める.(1歳〜2歳)
④The Imitative Stage(模倣期)  —自立へのサポート (2歳〜3歳)

Day3
①The Preparatory Stage(準備期) —早期介入(誕生〜6か月)
理論と実践、ステップバイステップでのデモンストレーションと説明
・乳児を評価し、バランスのとれたヨガの日課をつくる
・それぞれのケースにどのように対応するか —リスクとコントラディクション
・ビデオデモンストレーション、または子どもとの個人セッションのインストラクション
・グループディスカッション、Q&A

Day4
②The Inductive Stage(導入期) —反応の学習. (6ヶ月〜1歳)
ビデオデモンストレーション、または子どもとの個人セッション
・理論と実践、ステップバイステップでのデモンストレーションと説明
・グループディスカッション、Q&A

Day5
③The Interactive Stage(相互作用・交流期) —アーサナを教え始める.(1歳〜2歳)
・ビデオデモンストレーション、または子どもとの個人セッション
・理論と実践、ステップバイステップでのデモンストレーションと説明
・グループディスカッション、Q&A

Day6
④The Imitative Stage(模倣期)  —自立へのサポート (2歳〜3歳)
・ビデオプレゼンテーション
・理論と実践、ステップバイステップでのデモンストレーションと説明
・グループでの練習
・子どもや思春期の青年とのグループクラス(ビデオプレゼンテーション)
・グループでのハタヨガクラス
・カラーセラピーの紹介、身体的・心理的影響、ヨガセッションを強化するためにどのように色を使うか
・逆転のポーズの効果とリスク
・自分のセルフプラクティスをどのように築いていくか

Day7
最終日
・プログラムのまとめと評価
・修了証の授与
・グループディスカッションと最後のコメント

〜プログラムの終了〜  Graduation Party!

*3日目から5日目にかけて、子どもとのセッションのデモンストレーションを行います。デモセッションは、子どもの年齢や発達の段階に応じて、実施する日を決めます。1セッションは25分から40分の予定です。

持って来るもの
・筆記用具
・ヨガマット
・子どもの代わりとして練習するための人形(ヨガのポーズの練習ができるように腕や足がある人形。大きめがいいです。)

宿泊について
・宿泊が必要な方は、各自近くの宿泊施設をご予約ください。

服装
しめつけなく着心地のいい服装。ヨガの練習がしやすいよう、動きやすい服装でお願いします。